FireHDタブレットをAlexaとして使う場合の自動充電方法。

 

はい、皆さんこんにちは、夏子です。

FireHDタブレットも普段は、エコーシリーズの様に、置きっぱなしにして、Alexa Showモードで使いたいですよね。

そして、タブレットなんだから、用事の有る時だけ出動する。

特に、2台ある場合は、一台は置きっぱなしにして、用途に合わせて入れ替えて出動したいですよね。

だって、Alexa 専用機のエコーシリーズは、タブレットの1.5倍から2倍くらいの価格がしますから。そして、何時もコードで電源に繋がって置きっぱなしです。

でも、アメリカでは『クレドール』と言う専用の自動充電架台が発売されていて、普段は充電しながらAlexa Showモードで使い、出動する時だけタブレットになれる方法があるのです。非常に便利ですよね。

タブレットは、エコーショーと違って、バッテリーを積んでおりますので、電源に繋げっ放しには出来ません! と言うお話がある様ですので……。だって、過充電によるバッテリー火災の心配が有りますし、(これは事実起こっている?)バッテリーの寿命も短くなってしまう? と言われているのですから。
だからと言って、何にもせずに放って置くと、いつの間にかバッテリーがエンプティになっていて、これまたバッテリー寿命を短くさせるそうですから。

それなのに、日本では、何故か未発売なので、自分で簡単に充電架台を組み合わせてみる事にしました。

皆さんが心配している所謂『迷信』も合わせてお話しますね!

用意するものは、100均 Seriaの「タブレット台」(stand)と

延長コードとコンセントの受け口角度を変える事が出来るアダプター若しくは、ミツマタコンセントです。

そして、24時間、ON/OFFタイマー(24 hours-timer)になります。リーベックス(REVEX)24時間コンセント式タイマー
(700円Amazon価格)

で、もう皆さんお分かりの通り、こうなります。

このタイマー結構便利で、色々な物に使えるんですよね。
電気製品を好きな時間に、ONさせて、好きな時間にOFFにする事が出来るのです。しかも、24時間その設定を時間指定で何度も繰り返す事が出来ます。

今では、デジタル表記の物もありますので、お好きな方をチェックして使って見て下さい。

私は、このアナログ盤を2台持っております。

だって、こっちの方が設定も簡単で、超安いからなのです。

それでは、使い方のご説明をしてみます。

このタイマーは、青と水色の「タイル」のマス目がON、OFFのスイッチになっていまして、「タイル」内で、15分ずつ4つの区切りにわかれております。
ですから、1マスが1時間ということですね。(青と水色にしているのは、単に見易くしているだけです)

という事は、15分刻みでON、OFFの設定が出来るという事で、これはすごい便利です。

例えば、午後8時15分にテレビをONにして、9時45分にはOFFにする。
そして翌朝起きる6時にはテレビをONにして、出かける7時30分には自動的にOFFにする。とか、ひとり暮らしの防犯の為、夕方5時30分には、勝手にテレビがONになって、音と光がちらちらと窓からもれる。等と言う事が出来ちゃうわけです。

次に、設定の仕方をご説明いたします。

青と水色「タイル」の集まりが、ダイヤルになっておりまして、それ自身がタイマーになっております。そこで、このダイヤルを回して現在の時間をこの矢印に合わせます。左側の写真ですね。

次に、何時何分で通電ONにしたいかを指定する為、その分のタイルを押し、タイマーのセットといたします。同時に押されていない所が通電OFFの設定となります。右側の写真です。
写真の様に、タイルが低くなっている処が通電ONの時間帯で、タイルが高くなっている処が通電OFFの時間帯となるのです。

最後に本体の横にあるオレンジ色のスイッチを「常時通電」→「タイマー」にスライドさせてセッティング終了です。
簡単ですね。

  • 時間を合わせて
  • 何時何分から何時何分までの間、通電をONにするかを選んで、タイルを押して、
  • スイッチをタイマー側にスライドさせるだけです。
    ★勿論、電気製品は、電源をONにした状態でタイマーのコンセントに接続しなければ駄目ですよ!!

じゃーFireHDタブレットはどう設定するのか? ですね。

うちのmeganejiは、FireHD8とFireHD10を用途に合わせて使いわけているのですが、どちらかと言うと置きっ放しは、FireHD8の方になっております。(10インチでも持って歩いているんです)

置きっぱなしにする場合、一度、100%までバッテリーを充電させた状態からスタートして、タイマーは1時間毎にOFFとONを繰り返す設定にしている様です。
こうしておくと、あまり使わない状態で、100%の状態が続く場合も出て来ますが、それは、それで別に問題も無く、基本何もしなくてもOKとの事です。

meganejiの場合は、1日に1回は、必ずプライムビデオを1時間から2時間見ますし、音楽も30分位は聞いております。時々、Alexaにニュースを再生して貰っている様です。それに出かける時は、出先の天気予報と帰りの時間の天気予報も聞いている様です。
すると、未充電の場合、当然60%位に減るタイミングも出てくるわけですね。逆にこの時、出動しなければならなくなった方が大変です。モバイルバッテリーが必要になります。
よって、充電がゼロになってしまって、使いたい時に使えなくなる方が問題なのです。
基本、タブレットは電源に接続されていて、ちゃんと充電されている方が重要になって来るのですから。

リチウムイオンバッテリーは、もともと、保護機能が内蔵されておりますし、Fire タブレットは、バッテリー充電の為に電源を繋ぐとタブレット本体がONになって使用中になり、監視機能が働き、充電されながら電力を消費する設計になっております。
ですから、元々、過充電対策はされていたのですね。

えっ? バッテリーを充電しながら使うとバッテリー寿命が短くなるから駄目だ! ですか。
それに、100%になっているのに1時間も過充電が続くタイミングが出て来てバッテリーの寿命に悪影響を与える! ですか……。

なるほど。でも、それは所謂『迷信』ですね。
私も、昔、そう教えられて信じておりました。
確かに、リチウムイオンバッテリーは、充電を繰り返す事により、充電可能容量が減って行きます。しかし、電池は消耗品なのでしかたありません。
でも、Appleの技術者によりますと、過充電に関しましては、今のリチウムイオンバッテリには安全回路が設けられていて、本体側にも満充電で自動的に充電OFFになるチップとソフトが設けられております。
よって、どのタイミングで充電をおこなっても大丈夫ですし、充電しっぱなしで使っても大丈夫なのです。
只、放熱性を良くするために、カバーを取った状態で、100均等のタブレットスタンドに立てかけて使用してください。
問題は、見かけ上の充電容量が減って来る事で、それはリチウムイオンバッテリーの充電量計測キットの方に、だんだんと計測誤差が生じて来る事によります。要するに、100%充電されていないのに100%と誤認識する。酷い時には、未だ50%もあるのに、5%だと勘違いして、システム保護の為に自動的にタブレットをシャットダウンをしてしまう等という事です。
殆どは、これです。
これは、リチウムイオンバッテリー回路のリセットにより解消いたします。
やり方は、簡単です。しかし、根気がいります。

『一度、過充電気味の見かけ上の満充電(満充電だとバッテリーが思い込まされている可能性が有る)をしてから、完全に放電して電池を使い切る。(実際はまだ残っているのだそうです)でリセットになります。もう一度、同じ事を繰り返す。これで、リフレッシュになります』
この時、大切な事は、電池が空になった状態で長い間(何日も)放置しないという事だそうです。

若し、お疑いなら、一度、正式にメーカーに問合せてみられたら宜しいかと思います。
そうでなければ、わざわざ、Fireタブレットの電源をOFFにしていて、バッテリー充電の為に電源を繋げた瞬間に検知して、本体側のソフトが起動し、FireタブレットがONになるわけがありません。

それじゃータイマーは要らないではないか? と、いや、その方が安心だと思いませんか?
◎いつも充電に近い状態を維持して、出動に備える。
◎自然消費との組み合わせで、過充電状態を維持しない。
(多少ですが、バッテリーに錯覚させない効能もあります)

◎常時通電時に発生する、ACアダプタとバッテリの発熱防止
(ACアダプタを含むタブレット側に余分な負荷を掛けない)
最近、バッテリー火災や爆発が、Sソンで多発しておりますので。言うとヘイトスピーチだと勘違いされて嫌ですので、何も言いませんが。

最後にAlexaを使うにあたり、別な注意事項を1つ上げます。

Show モードは、スクリーンOFF設定を最長の30分にしておいて、スクリーンロックは解除しておいた方が良いです。

スクリーンOFF時にAlexaを呼びだして、立ち上げたらロック画面だった! ていう事になってしまいますから。

ロックしてても安心です。などと説明されてはおりましたが、ほぼ、これに引っ掛かると思っておいた方が良いです。

逆に、引っ掛からずに立ち上がった事はなかったです。

いや、私も良く言いますよね。

はい。本日はこれまでにいたします。

有難うございました。

またのお越しをお待ち申し上げております。

Sincerely.
あっと! こちらも参考にどうぞ

👉 FireHD10取り合扱いの注意事項、宜しかったら覗いて下さい。