直ぐにでも手に入れたい、一生モノの万年筆(フォンテペン)を探す!

◎一生モノの万年筆(フォンテペン)ってどんな万年筆(フォンテペン)なのでしょうか?

ただ単に高級万年筆(ハイグレード・フォンテペン)って言うのは、高額過ぎて庶民には手が届かないですよね。

すると、庶民には「一生モノ」は、何時まで経っても手に入らないという事になります。

ここで考察です。

そもそも「一生モノの万年筆(フォンテペン)」とはどんな定義のものなのでしょうか?

 

はい。

答えは、「定義なんか、ありません!」……です。

強いて言えば丈夫で使いやすい事でしょうか! 

後は好みの問題。

「一生モノ」かどうかは、本人の価値観で決まるのです。

ですから、必ずしも高額でなくても、本人が気に入って「これが一生モノ」だと決めれば、それで良いわけです。

で、本人の気持ち次第で、次の「一生モノ」が後から出てきても、それはそれで良いわけですね。

ですから、この記事は「今の私が一生モノと思えるフォンテペン(万年筆)」は、「これがお薦め」という形の記事になっております。

 

で、私は、一生モノの万年筆(フォンテペン)に何を選んだかと言いますと

これです。

そして、

◎もし、貴方が「一生モノの万年筆を捜している」のであれば、私はこれをお薦めいたします。

★「King Profit ST」 by 「THE SAILOR FOUNTAIN PEN CO.,LTD」★

今回、私が「一生モノ」を選定するに当たり、重要視した条件は下記の通りです。

(1)価格とWants (欲しいかどうかが一番大切)

  十万円以下で、グッと背伸びをしてでも買いたいフォンテペン(万年筆)。

 ※King profit ST価格:定価60,000円 → Amazonでは、41,000円代だった。

(2)外観

① バランス型(先の尖った感じで魚雷型)orフラット・トップ型(両端が平形)

 ※King profit ST:バランス型

② 黒金or黒銀カラー(どちらも伝統的です)

 ※King profit ST:仏壇カラー(黒金カラーの別名)

③ 大型ペン

 ※King profit ST:充分過ぎるほど大型

(3)材質

① 金ペン

 ※King profit ST:21金

② PMMA樹脂製or金属製のボディー(理由は丈夫な為)

 ※King profit ST:PMMA樹脂製

(4)扱いやすさ

 ① 持ちやすい、書き易い

 ※King profit ST:持った感じ、書いた感じ

 ② インクカートリッジ&コンバーターの両用タイプ

 ※King profit ST:両用タイプ

(5)メーカー

国産メーカー

※King profit ST:セーラー万年筆

 

セーラー万年筆の長刀(なぎなた)砥シリーズは、世界的にも有名で、ご存知かと思います。

しかし、現在は余りにも有名になり過ぎて世界から注文が殺到し、生産(砥ぎ)が間に合わなくなり、一時受注をストップしている状態のようです。

その為、市場に出回っている製品は、壱拾萬円以上の価格になり、十萬円筆(じゅうまんえんひつ)となって久しく、庶民には全く手が出なくなってしまいました。

 

所が、今回選んだフォンテペン(万年筆)は、ちょっと贅沢で、しかし「壱拾萬円もしない」+「世界に通用する一流品」なのです。

ですから、グイッと背伸びさえすれば、「直ぐに手の届く高級品」と言えるでしょう。

 

このフォンテペン(万年筆)は、Made in Japanにこだわるセーラーが、108年の歴史を持つ自社工場で、職人の手の入った確かな技術を投入して作り上げた、「懐(ふところ)に優しい高級品」となっております。

えっ?

それは本当かって?

はい。

持っている私が、使って、その良さを実感しておりますので事実です。

それに、海外では「KOP(King of Pen)」の愛称で親しまれて、日本人には隠れたベストセラーとなっているのです。

正式名称は、「キングプロフィットST」、仏壇カラーの中字で21金ニブ、とにかく欧米人の体の様に大きなフォンテペン(万年筆)となっております。

Sailorは「キングプロフィットST」を意識してこんなに大きく堂々としたペンに作りました。

一番右に控えるドイツの黒金ストライプ・モンブラン・マイスターシュティックに比べても、全く引けを取りません。

写真は、左から「プロフィットスタンダード」「プロフィット21」「キングプロフィットST」「モンブラン」(146ですから笑)ですが、ニブの大きさと模様にも、製作者の自信とこだわりが感じられます。

「プロフィット21」の1.5倍の大きさを持つ21金ニブは、銀色のロジウムメッキをあしらったバイカラー仕上げで、モンブランにも負けない存在感と高級感を漂わせております。

その上、金属パーツは全て24金メッキで、本体材質は、PMMA樹脂で作られているのです。

PMMA樹脂は、水族館の水槽や航空機の窓にも使われているアクリル樹脂で、耐衝撃性はもちろんの事、耐候性、耐薬品性にも優れた劣化しにくい樹脂なのです。

 

◎こんな風に材質にもこだわって作られている「KOP」を日本人の我々が使わないなんて、もったいないと思いませんか?

しかも見た目は、欧米人の手にぴったりなのですが、日本人の私が持ってもしっくりとくる作りになっているのです。(私は身長172cmです)

手に持つとちょっと重めで、どっしりと頼もしく、しっかりと手になじんでくれるペンに仕上がっております。

 

それなのに、書き出すと軽いのです。

筆圧を掛けようとしても、その必要がありません。

手に羽が生えたようにスルスルと紙の上をペンが走り、持ち手をリードしてくれる様です。

21金のニブは、ハート穴からペンポイントまでの距離が一般のペンよりも長く、ニブの幅も広めになっております。

その上で、軟らか過ぎないように、平板ではない多少湾曲したニブ形状に仕上げてあるのです。

ですから、書き手の筆圧をすっと受け止めて、優しく奥ゆかしい書き味を指に伝えてくれます。

使う人に「おもてなしの心」を感じさせる、「日本のペン」らしい一本に仕上がっているのです。

これは、海外で受けるはずです。

 

そんな「KOP」を使って、雰囲気を変えた二通りの線画を描いてみました。

描き味は最高で、申し分ありません。

高級感と優れた書き味、それに扱いやすさを兼ね備えた、海外も認める「THE KING OF PEN」は、ちょっと無理をしてでも安い今のうちにgetしておくべき一本だと思います。

★「買って良かった!」「満足している」極上の一本ですので、絶賛ご紹介しました。

(日本語が変!)

        チェック 👉 Amazon The King of Pen 1911

チェック 👇

★モンブラン(146)と粗同じ大きさの21金フォンテペンです。こちらの記事もご参照ください。

👉 「壮年にもお勧めできる万年筆(フォンテペン)との出会い」