続・気軽に使う1000円以下のクリア万年筆『フォンテ万年筆』

★万年筆(フォンテペン)のパーツ用語に関しましては、前回の記事のパーツ図を参照願います。  👉 前回の記事

Amazonに注文していたのですが、人気が有って売り切れていた様でした。でも、本日、やっと評価製品が届きましたので、本日、そのまま使用しながら記事を書きます。

先ず驚きました!
何時ものAmazon袋を開けてびっくりです。裸で、そのまま「製品」が入っております。

箱にも、内袋にも入っておりません。もちろん取説もありません。この状態でした!(; ゚Д゚)!

でも入っている製品を良く見ると

「えっ? これが本当に660円!!!」

と、驚くほど恰好良すぎる製品なのです。

Sosite, あらためて、発送でのひどい扱いに? なぜ? です。

これがHmmm!? の 『フォンテ(イタリア語)万年筆』です。見て下さい。本当に恰好良いです!

前記事で書きました様に、私は万年筆を『フォンテペン』と呼んでおりますが、(私の場合は、米原語Fountainをローマ字読みではしょってフォンテと言っております。前記事を参照ください)別に真似ているわけではありません。意味があるのです。

でも、これは名前が、『フォンテ万年筆』ですから、呼称が似過ぎていて良いですね。

 

それでは、製品を見て行きます

  • (キャップを閉じた)【サイズ】奥行き1.6×幅1.6×高さ13cm(Amazonより)
  • 【材質】PC(本体)、銅(パーツ)、ステンレス(SUS)ペン先(Amazonより)
  • 【機能】キャップ嵌合式、コンバーター付、(Amazonより)
    ※説明:キャップ嵌合式とは、「かんごう」と読み、キャップをペンの胴軸(本体)にパッチンとはめる方式の事を言います。この方式以外では、スクリュー式と言って、キャップをネジの様に回して閉じる方式があります。

キャップを開くとこんな感じです。

【実測】:キャップを開いて、軸に挿した時のサイズは144mmです。

Sailorで所謂(いわゆる)中型万年筆の寸法になります。太さと長さで、女性にも持ち易い大きさになるのです。

  • SUSニブの写真です。
  • 『Fonte』と入っております。

スリットも真直ぐ切れております。

ペンポイントを見た感じでは(裏も見て)、中字ですね。

ニブを横から見た写真です。

ペン芯側の写真です。スリットに対してずれていませんね。

ペン芯の写真です。

キャップの飾りリングにも『Fonte』と入っております。

(見えないですね。すみません)

胴軸を開けますとペンの首軸にインクコンバーターが付いております。インク瓶の中にペン先を入れて、コンバーターの先を回しながら、内臓のピストンを上げてインクを吸うタイプです。

キャップ内のインナーキャップもはっきり見えますね。
万年筆(フォンテペン)構造が丸わかりです。

下は、コンバーターにインクを吸わせた後の写真です。

ペンの下にあるのは中華製JINHAOのコンバーターで、これと同じものがペンの首軸に挿さっております

という事は、インクカートリッジを使う場合は、欧州標準規格の物になるという事です。

インクを満タンに吸った状態で、本体を全部組み直した時の万年筆(フォンテペン)の重さは16.77gです。軽いですね

★最後に

例によって、この万年筆(フォンテペン)で、線画を書いて見ました。書き味は、極めて良く、ひっかりも無くスムーズに書けました。紙はKOKUYOの安いコピー用紙です。

まとめ;

Amazonレビューによりますと、製品に当たり外れが有りそうな感じですが、今回のこの『フォンテ万年筆』に関しましては、デザイン、書き心地、価格からして充分満足できる、リーズナブルな製品だと思います。

今回は、前記事の製品たちと同じ様に、黒インクを入れましたが、色インクを入れたカラーペンとして持ち出して使う場合、見栄えが良いのでこれは有りの製品だと思います。

なにより、名前が良いですね『フォンテ万年筆』

★お求めはこちらからどうぞ、👉『フォンテ万年筆』

★若しカラーカートリッジが必要でしたらこちらで、6色セットがそろいます。1000円以下で6色×5箱がセットになってお得です。

👉 6色『カラーカートリッジセット』

有難うございました。
カテゴリーで、『Bible』シリーズも面白いと思います。
ぜひ覗いて行って下さい。    meganejiでした。