お薦めの万年筆(フォンテペン)プロギアΣは自己主張する

★このページはAmazon価格でリンクになっております。
その他を調べたい方は、お手数ですがGoogle、Yahoo等の検索エンジンでお調べください。価格は常に変動いたします。

お薦めの万年筆(フォンテペン)『プロギアΣスリムは自己主張する』

日本製フォンテペン、

黒と金の仏壇カラー万年筆(フォンテペン)はどれも紳士的です。

なにせ、舶来を真似た金ペンなのですから。

正統派フォルムに身を包み、いつもオーソドックスな金のクリップ。

でも、こいつは違います。

ちょっと背の低い、6頭身の日本人のくせに、

ツンと鼻先の上がったアンカーマークの金クリップ。

キャップの天頂には、ポッテイング加工された浮き上がる錨。

ペン先には、金銀バイカラーのおしゃれに仕上げた14ゴールドを着飾って、

フォーマルパーティーの席でも、ちょっと目立って自己主張しちゃいます。

でも、格好ばかりじゃないんです。

バイカラーの金ニブは、ぐっとエラの張った実力派。

主人の筆圧変化を見事に受け止め、しなやかに踊ります。

体のバネを一杯に使って、大きな腕の振りにも、アイン、ツバイン !

飛んで、回って、とめ、はね、はらい。

それが、日本品質の万年筆。

名前はΣでも、トップレベルの実力です。

ここ一番と言う時に、

ポケットからさりげなく出してくる万年筆が、

貴方を決めます。

そう言う時、人は貴方の手元に目が行くものなのです。

その瞬間、懐から出て来た万年筆が、予想に反してちょっと小ぶりで、

フォーマルな装いなのに、目に刺さる日本のフォンテペンだったら如何でしょう。

間違いなく、注目の的になります。

そこに、燕尾服の紳士然としていない、貴方の高いセンスと個性を見る事になるのです。

万年筆は、貴方です。

見る者の心に刺さる貴方の為に、こいつを懐に忍ばせて下さい。

 ★セーラー万年筆プロフェッショナルギアΣスリム

★その下は、薄本革ペンケース5本入れ セーラー

(上記Amazonリンクで購入できます)

しっかり書けます。
この金ペン1本で絵を描いてみました。フォンテペンのニブ太さはFです。

スタイルも書き味も、欧米製に負けず自己主張して来るくせに、ちゃんと付いて来てくれます。
ちょっと小ぶりで名前はΣでも、1等賞を目指せる万年筆、日本のフォンテペンです。

ビジネスに個性あふれるリーズナブルなフォンテペンです。

14金ではなく21金が良いと言う方は、こちらをどうぞ。

 

 熟年の方は、こちらの記事をご参照下さい。

『フォンテペン』の意味。