200円で手に入れるプラチナ万年筆の特別な書き味をご紹介。

200円なのに、きっと愛着が湧く1本になると思います。

誰の小遣いでも、気軽にプラチナ万年筆の書き味を味わえて、しかも愛着が湧く200円の「禁じ手」をご紹介いたします。

最初にお断りしておきますが、当然、『センチュリー』ではありません。

プレビー』でもないです。

『プレビー』でも、440円はいたします。しかも本体は樹脂製です。

でも、私がご紹介するのは、これです!!

よくご覧になって下さい、SUS(ステンレススティール)のニブにしっかりと、大きく刻まれた「P」のマークは、まごう事無く『プラチナ万年筆』でございます! (ニブ:ペン先の金属部分を言います)

でも、どこかで見た事がある?

はい。

その通りです。

正体は、『ダイソー』100円のこれです。

そのニブを引き抜いて、

同じく100円の『プラチナ万年筆』のニブと交換するのです。

 

いえ、このまま使っても大丈夫です。ただちょっと見栄えが只のプラスティックで、しかも筆ペンの様ですから……。

こうする事によって、

「ダイソーの中華万年筆かと思って見ていたら、あれ? 字が違うぞ!」って事になるだけなのですが……。(汗)

取り敢えず、やりたい人だけやるという事で。

指でニブを真直ぐにゆっくりと引っ張って、ペン芯ごとニブを抜いて下さい。(抜ける場合はです)

謝って、滑らせて、手をケガしない様にご注意願います。

あっ!

いや、慌ててはいけません。

買って直ぐには、抜けません。(ペン芯はプラスティックなのになぜか?)

良くペン芯にインクを行き渡らせる為にも、カートリッジ1本分位は使い切ってください。その後、水道水で良く水洗いをしてから、水道水を直接カートリッジを抜いた首軸の中に送水し、インク分を強制的に抜いてから後の作業になります。

指が滑らない様にニブ部分の水をティッシュで拭きとって、未だ水分がペン芯内に残っている間に、スッと抜いて下さい。

きつい場合はちょっと、左右に捻り気味にすると、抜けてきます。

それでもダメな場合は、薄いゴムシートを切って、それでペン芯とニブを挟め持ち軽くこじりながら抜いて下さい。

平たい輪ゴムを巻いても良いです。

但し、女性は念の為、行わないで下さい。

女性の力では、無理かもしれません。

私の家内は無理でしたので、ケガをすると困ります。。

男性でも完全に乾燥してからだと抜けにくくなりますので、ご注意ください。

こんな感じですね。

JINHAO製(中華万年筆)、LAMY製(ドイツ製万年筆)は、ニブ交換が誰でも簡単にできる様に、ニブだけが売られております。

プラチナ製が何故できるのかは分かりませんが、これは、中国工場製造品です。

こちらは、以前、ある雑誌の付録でついて来た筆ペンです。

これも、『プラチナ万年筆』になってしまいました。

えっ?

なぜ、そこまでして『プラチナ製』に替えるのか? とのご質問ですか?

はい。

先ず、プラチナ製はSUSニブです。

他は、スチールメッキニブです。

次に中華製の中華仕様『中字』(上)と、中華製のプラチナ指導による日本仕様の『中字』(下)の違いはこの汚い字です。

 

いえ、線の細さの違いです。

手帳に書く時に、違いが分かります。

因みに、一番上の印刷文字は、パソコンフォントサイズ10.5です。

 

 

如何だったでしょうか?

自分で、改造した場合は、多少なりとも、愛着が湧くのではないでしょうか。

これを機会に、万年筆に再びご興味を持って頂ければ幸いです。

えっ?

こんな事をしなくとも、素直に『プラチナ万年筆』を買った方が良いって?

はい。

その通りだと思います。

昨年、プラチナ万年筆は、創業100周年を迎えました。

創業1919年。

プラチナブランド商標登録は1928年で、プラチナを使用した世界初のニブを完成させております。

スリップシール機構のキャップで、万年筆の弱点であります、キャップを締めていても使わないと、インクが乾いて、書けなくなってしまうのを克服しております。

ですから『プラチナ万年筆』は、何時でも書けます。

 

しかし、今回の様に、ニブをペン芯ごと交換しても、『スリップシール機構』にはなっておりませんので、普通の万年筆と同じです。カートリッジもDAISOです。

小まめに使用しないと、ペン先が乾きますので、お気を付けください。

別に、『プラチナ万年筆』の関係者では、有りません。

ダイソーとも無関係です。お金ももらっておりません。

只の通りすがりの「眼鏡爺」です。

 

本日は、これまででございます。

最後にお断りしておきますが、中華製は、品質にばらつきがありますので、抜けないタイプもあるかもしれません。

仮に、貴姉、貴兄が、そういう本体に当たりました時は、お許しください。

 

これに懲りずに、またのご訪問をお待ちしております。

以上よろしくお願いいたします。