創世記を少し4

昨日も沢山の方に来て頂きまして誠にありがとうございました。

お待たせしました。第4弾です。

ノアの章は2回位に分けて行いたいと思います。

有名なお話で、人類の再スタートになるノア契約の物語ですので。

その前に、また、質問が来ておりました。

カインの件ですね。

「カインが結婚した」とありますが、人類は、アダムエバの他に、カインとアベルだけでは無かったのでしょうか、それとも他に人々がいたのでしょうか? という事です。

はい、いました。この後、ぞくぞく出来たのです。

聖書では、主要な人物の名前しか出て来ておりません。

本当の主要人物は、キリストイエスに向かう直系の家系です。

しかし、その例外もあって、その例外のひとつがカインなのです。

そして、彼らは、創世時代の当時、何百歳も生きていたのです。

彼らの生存可能年齢は、次の5章の冒頭から書いてある通りです。

しかも、アダムとエバも勿論、その子供たち皆が多産だったのですね。

神は人を造った時に『産(う)めよ、繁殖(ふえ)よ、地に満盈(みて)よ』(文語訳聖書)と言われております。

何百年かの間に彼ら彼女らは、色々な所に移り住んで行ったのです。

当時はネズミ算的に増えて行った事と考えられます。

当然、未だ遺伝子に傷がありませんので、血縁結婚からのスタートになるわけです。

ですから、当然その中の誰か、妹か従妹か姪かその子供達に当たるものかと出会って、結婚したわけです。

そして彼らは、家族単位で部族になり、街を作って行ったという事です。

でもこれは、本当は、神に言われた事に違反する事なんですがね。

 はい。

また長くなりますので、5章、6章を始めたいと思います。

 

[ 5 ]

 5:1 This is the list of the descendants of Adam. (When God created human beings, he made them like himself.

5:1 これはアダムの系図の書である。神は人を創造された日、神に似せてこれを造られ、

 

 5:2 He created them male and female, blessed them, and named them “Human Beings.”)

5:2 男と女に創造された。創造の日に、彼らを祝福されて、人と名付けられた。

 

5:3 When Adam was 130 years old, he had a son who was like him, and he named him Seth.

5:3 アダムは百三十歳になったとき、自分に似た、自分にかたどった男の子をもうけた。アダムはその子をセトと名付けた。

 

5:4 After that, Adam lived another 800 years. He had other children

5:4 アダムは、セトが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた。

 

 5:5 and died at the age of 930.

5:5 アダムは九百三十年生き、そして死んだ。

 

 5:6 When Seth was 105, he had a son, Enosh,

5:6 セトは百五歳になったとき、エノシュをもうけた。

 

 5:7 and then lived another 807 years. He had other children

5:7 セトは、エノシュが生まれた後八百七年生きて、息子や娘をもうけた。

 

 5:8 and died at the age of 912.

5:8 セトは九百十二年生き、そして死んだ。

 

5:9 When Enosh was 90, he had a son, Kenan,

5:9 エノシュは九十歳になったとき、ケナンをもうけた。

 

 5:10 and then lived another 815 years. He had other children

5:10 エノシュは、ケナンが生まれた後八百十五年生きて、息子や娘をもうけた。

 

 5:11 and died at the age of 905.

5:11 エノシュは九百五年生き、そして死んだ。

 

5:12 When Kenan was 70, he had a son, Mahalalel,

5:12 ケナンは七十歳になったとき、マハラルエルをもうけた。

 

 5:13 and then lived another 840 years. He had other children

5:13 ケナンは、マハラルエルが生まれた後八百四十年生きて、息子や娘をもうけた。

 

 5:14 and died at the age of 910.

5:14 ケナンは九百十年生き、そして死んだ。

 

5:15 When Mahalalel was 65, he had a son, Jared,

5:15 マハラルエルは六十五歳になったとき、イエレドをもうけた。

 

5:16 and then lived another 830 years. He had other children

5:16 マハラルエルは、イエレドが生まれた後八百三十年生きて、息子や娘をもうけた。

 

 5:17 and died at the age of 895.

5:17 マハラルエルは八百九十五年生き、そして死んだ。

 

 5:18 When Jared was 162, he had a son, Enoch,

5:18 イエレドは百六十二歳になったとき、エノクをもうけた。

 

5:19 and then lived another 800 years. He had other children

5:19 イエレドは、エノクが生まれた後八百年生きて、息子や娘をもうけた

 

 5:20 and died at the age of 962.

5:20 イエレドは九百六十二年生き、そして死んだ。

 

 5:21 When Enoch was 65, he had a son, Methuselah.

5:21 エノクは六十五歳になったとき、メトシェラをもうけた。

 

5:22 After that, Enoch lived in fellowship with God for 300 years and had other children.

5:22 エノクは、メトシェラが生まれた後、三百年神と共に歩み、息子や娘をもうけた。

 

 5:23 He lived to be 365 years old.

5:23 エノクは三百六十五年生きた。

 

 5:24 He spent his life in fellowship with God, and then he disappeared, because God took him away.

5:24 エノクは神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった。

 

 5:25 When Methuselah was 187, he had a son, Lamech,

5:25 メトシェラは百八十七歳になったとき、レメクをもうけた

 

 5:26 and then lived another 782 years. He had other children

5:26 メトシェラは、レメクが生まれた後七百八十二年生きて、息子や娘をもうけた。

 

5:27 and died at the age of 969.

5:27 メトシェラは九百六十九年生き、そして死んだ。

 

 5:28 When Lamech was 182, he had a son

5:28 レメクは百八十二歳になったとき、男の子をもうけた。

 

5:29 and said, “From the very ground on which the Lord put a curse, this child will bring us relief from all our hard work”; so he named him Noah.

5:29 彼は、「主の呪いを受けた大地で働く我々の手の苦労を、この子は慰めてくれるであろう」と言って、その子をノア(慰め)と名付けた。

 

 5:30 Lamech lived another 595 years. He had other children

5:30 レメクは、ノアが生まれた後五百九十五年生きて、息子や娘をもうけた。

 5:31 and died at the age of 777.

5:31 レメクは七百七十七年生き、そして死んだ。

 

 5:32 After Noah was 500 years old, he had three sons, Shem, Ham, and Japheth.

5:32 ノアは五百歳になったとき、セム、ハム、ヤフェトをもうけた。

 

[ 6 ]

 

 6:1 When people had spread all over the world, and daughters were being born,

6:1 さて、地上に人が増え始め、娘たちが生まれた。

 

 6:2 some of the heavenly beings saw that these young women were beautiful, so they took the ones they liked.

6:2 神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした。

 

 6:3 Then the Lord said, “I will not allow people to live forever; they are mortal. From now on they will live no longer than 120 years.”

6:3 主は言われた。「わたしの霊は人の中に永久にとどまるべきではない。人は肉にすぎないのだから。」こうして、人の一生は百二十年となった。

 

 6:4 In those days, and even later, there were giants on the earth who were descendants of human women and the heavenly beings. They were the great heroes and famous men of long ago.

6:4 当時もその後も、地上にはネフィリムがいた。これは、神の子らが人の娘たちのところに入って産ませた者であり、大昔の名高い英雄たちであった。

 

6:5 When the Lord saw how wicked everyone on earth was and how evil their thoughts were all the time,

6:5 主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、

 

 6:6 he was sorry that he had ever made them and put them on the earth. He was so filled with regret

6:5 主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、

 

 6:7 that he said, “I will wipe out these people I have created, and also the animals and the birds, because I am sorry that I made any of them.”

6:7 主は言われた。「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。」

 

6:8 But the Lord was pleased with Noah.

6:8 しかし、ノアは主の好意を得た。

 6:9 -10 This is the story of Noah. He had three sons, Shem, Ham,

and Japheth. Noah had no faults and was the only good man of his time. He lived in fellowship with God,

6:9-10 これはノアの物語である。その世代の中で、ノアは神に従う無垢な人であった。ノアは神と共に歩んだ。

ノアには三人の息子、セム、ハム、ヤフェトが生まれた。

 

6:11 but everyone else was evil in God’s sight, and violence had spread everywhere.

6:11 この地は神の前に堕落し、不法に満ちていた。

 

 6:12 God looked at the world and saw that it was evil, for the people were all living evil lives.

6:12 神は地を御覧になった。見よ、それは堕落し、すべて肉なる者はこの地で堕落の道を歩んでいた。

 

 6:13 God said to Noah, “I have decided to put an end to all people. I will destroy them completely, because the world is full of their violent deeds.

6:13 神はノアに言われた。「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。

 

 6:14 Build a boat for yourself out of good timber; make rooms in it and cover it with tar inside and out.

6:14 あなたはゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟には小部屋を幾つも造り、内側にも外側にもタールを塗りなさい。

 

 6:15 Make it 450 feet long, 75 feet wide, and 45 feet high.

6:15 次のようにしてそれを造りなさい。箱舟の長さを三百アンマ、幅を五十アンマ、高さを三十アンマにし

 

 6:16 Make a roof for the boat and leave a space of 18 inches between the roof and the sides. Build it with three decks and put a door in the side.

6:16 箱舟に明かり取りを造り、上から一アンマにして、それを仕上げなさい。箱舟の側面には戸口を造りなさい。また、一階と二階と三階を造りなさい。

 

6:17 I am going to send a flood on the earth to destroy every living being. Everything on the earth will die,

6:17 見よ、わたしは地上に洪水をもたらし、命の霊をもつ、すべて肉なるものを天の下から滅ぼす。地上のすべてのものは息絶える。

 

 6:18 but I will make a covenant with you. Go into the boat with your wife, your sons, and their wives.

6:18 わたしはあなたと契約を立てる。あなたは妻子や嫁たちと共に箱舟に入りなさい。

 

 6:19 -20 Take into the boat with you a male and a female of every kind of animal and of every kind of bird, in order to keep them alive.

6:19-20 また、すべて命あるもの、すべて肉なるものから、二つずつ箱舟に連れて入り、あなたと共に生き延びるようにしなさい。それらは、雄と雌でなければならない。

 それぞれの鳥、それぞれの家畜、それぞれの地を這うものが、二つずつあなたのところへ来て、生き延びるようにしなさい。

 

 

 6:21 Take along all kinds of food for you and for them.”

6:21 更に、食べられる物はすべてあなたのところに集め、あなたと彼らの食糧としなさい。」

 

 6:22 Noah did everything that God commanded.

6:22 ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

有難うございます。

今日はここ迄です。

恒例のちょっとだけ説明を付け加えさせていただきます。

5章、アダムの正当な家系の事が書かれております。キリストに繋がる家系の最初の部分です。

誰が、何歳で子を産み、何歳まで生きたか等です。

ノアで、10代目と言う事で、皆長生きだった事がおわかりになると思います。

ノアは、500歳になった時、セム、ハム、ヤフェトをもうけております。

これが、我々の子孫で、「セム」はヘブル語で名前と言う意味で黄色人種を表し、「ハム」は熱いと言われ黒人、ヤフェトは、美しい事を表し白人の源流と言われている様です。

6章に行きます。

ここでは、いきなり奇々怪々な事が、書かれております。

6-2に「神の子らは、人の娘たちが美しいのを見て、おのおの選んだ者を妻にした」と書かれております。この「神の子ら」は英語で「the heavenly being」と言う事で、天国の住人となっております。

よって、これは神ではありません。

これは、皆様の予想通り天使の事なのです。

旧約聖書では、天使の事を『神の子』らとか『力あるもの子ら』とか表している処が有ります。(この「神の子ら」の表現は、新約聖書では「救われた者」、いわゆる聖徒らに変わって行くのですが)

それが、美しい人の娘を選んで妻にしたとなっております。

ここで、注目すべきは、「見て」「美しい」だから「選んで」「妻にした」です。

「目の欲」、「情欲」、「所有欲」が入っております。

エバが誘惑された時と同じ感じですね。

よって、これは堕天使なのです。

堕天使は、天使全体の1/3居ると言われておりますが、そのうちの一部なのですね。

本来、天使は結婚しません。

霊ですから、子を産めません。

しかし、人間の肉体では無い、別の体に物質化出来る様なのです。

旧約聖書の中では、人間と相撲を取ったりするようなところとか、食事をしたり水を飲んだりと言う処が見受けられます。

霊体という体がある様なのです。

そして、その体で人の娘を使って、子をもうける事が出来る様なのです。

その子が、「ネフィリム」と言われる超人です。

ここには、詳しい事は書かれておりませんが、常人とは違う能力を持って居たり、体が異常に大きかったりしたようで、その中には「the great heroes and famous men of long ago」(いにしえの偉大な英雄や有名な男たち)もいたようです。

しかし、これも天の理を無視した悪行なのですね。

ですから、天の理は乱れ、世も乱れて、同時に悪も蔓延して行ったと言う事なのです。

根本は、悪なのですから、光を偽っても、出来る実は悪の果実になって行くのです。

それを食べた人々は目を曇らされ、心を虜にされ、世は乱れて、悪が反映して行ったという結果になって行ったのです。

これは、神のご計画を妨げようとする堕天使たちが、やがてキリストを生む事になる女に対する直接的な攻撃をしていたのです。

長期的に人を変えて行く為の謀略とも言えるでしょう。

そこで、神は非常事態宣言を出したわけです。

堕天使の所業により生まれた人の形をした、人ではない特殊な力を有するネフィリムたちが、人の世に増えて行くにつれ、人が変わり、世の秩序が乱れて行く事が分かっていたからです。

神から見て、良しと思われるノアに、神が水のカタストロフィ(大惨劇)を起こし、地上世界を一度終わらせる事を知らせて、地上に大きな箱舟を作れと言う命令をだされたわけです。

ここで、ノアの信仰心が試されたわけでもあります。

それに対してノアは、神への信仰心を見せたわけですね。

アダムたちの様に失敗しなかったわけです。

(だから今、人類が居るのですが……)

当時の気候としましては、雨など降らない、

毎日がスカット晴れ渡り、快適で暖かい日々の続く温暖な古代世界の中でです。

鳥や虫の奇麗な鳴き声が響き、美しい植物や良い香りのする花が咲き乱れ、恐竜たちは野の獣を追い、平和な日々が続く大地の上で、いきなり全長137m、幅28m、高さ13,7mの3階建て巨大箱型木造建造物を作り出した者が現れたのです。

それも、カタストロフィまで120年と言う、神が決めた、人の命を絶つ猶予期間の間にゆるゆると作るのです。

サクラダファミリアみたいに……です。

そんな長い間をかけて作る異常な建造物に対して、人々は、注目しないわけがありません。

当然の様に「これは何だ?」「何の為に作っているのだ」と、ノアとその家族に聞いてきた事でしょう。

その度に、神の言葉を人々に告げ(預言)、馬鹿にされ、笑われるノアとその家族たちです。

しかし、やがて破滅の時は、来るのです。

その前に、神に選ばれた鳥や動物たち、虫達はつがいて続々とやって来ます。勿論その中には、絶滅前の恐竜の子供達も含まれていたのかもしれません。

人は、誰も来ないようでした。

本日は、ここ迄といたします。

私の説明は、へたくそですが、聖書も中々に、面白いものとお分かりになってくれれば幸いです。

この機会に是非お近くの教会に行って詳しくお話を聞いてみてください。喜んで個別面談も受け付けてくれるはずです。

有難うございました。

またのお越しをお待ち申し上げております。

続きはこちらです👉『創世記を少し5』

Sincerely.