創世記を少し1

コロナウイルスちょっとまずいですね。
収束する迄、年単位になりそうです。
或る程度、行きつく所まで行かないと無理なのかもしれませんね。
例外って無いでしょうし。
ところで、週末、この機会に世界の常識
聖書についてほんのさわりだけでも覗いてみませんか?

『創世記』ってご存知でしょうか?
有名なあの『創世記』で、いわゆる、The First Book of Moses, called Genesis! ってやつですけど、宗教とは全く関係なく、知っているけれど実は読んだことのない、日本人の知らない、欧米人の一般常識な、お話です。英語の勉強もかねて日本語の口語訳聖書にモダン英語の訳をつけております。

第一回は、天地創造の7日間のお話です。
第二回は、蛇によるエバの誘惑からアダムにも罪が入って、エデンの園を追放されるまでです。
第三回でノアの箱舟も付きます。
これは、過去、私が電子辞書に入れられる様に自分で編集したものを、もう一度PC用に戻しましたので、それを更に日英対訳に編集したものです。
どこぞからそのままコピッて来た物ではありませんので、ご安心してお読みください。
それでは、以下どうぞ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[ 1 ]GEN(創世記)

1:1 In the beginning, when God created the universe,
1:1 初めに、神は天地を創造された。

1:2 the earth was formless and desolate. The raging ocean that covered everything was engulfed in total darkness, and the Spirit of God was moving over the water.
1:2 地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。

1:3 Then God commanded, “Let there be light”-and light appeared.
1:3 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。

1:4 God was pleased with what he saw. Then he separated the light from the darkness,
1:4 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、

1:5 and he named the light “Day” and the darkness “Night.” Evening passed and morning came-that was the first day.
1:5 光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。

1:6 -7 Then God commanded, “Let there be a dome to divide the water and to keep it in two separate places”-and it was done. So God made a dome, and it separated the water under it from the water above it.
1:6 -7 神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ」神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。

1:8 He named the dome “Sky.” Evening passed and morning came-that was the second day.
1:8 神は大空を天と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第二の日である。

1:9 Then God commanded, “Let the water below the sky come together in one place, so that the land will appear”-and it was done.
1:9 神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。

1:10 He named the land “Earth,” and the water which had come together he named “Sea.” And God was pleased with what he saw.
1:10 神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。

1:11 Then he commanded, “Let the earth produce all kinds of plants, those that bear grain and those that bear fruit”-and it was done.
1:11 神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。

1:12 So the earth produced all kinds of plants, and God was pleased with what he saw.
1:12 地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生えさせた。神はこれを見て、良しとされた。

1:13 Evening passed and morning came-that was the third day.
1:13 夕べがあり、朝があった。第三の日である。

1:14 Then God commanded, “Let lights appear in the sky to separate day from night and to show the time when days, years, and religious festivals begin;
1:14 神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。

1:15 they will shine in the sky to give light to the earth”-and it was done.
1:15 天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。

1:16 So God made the two larger lights, the sun to rule over the day and the moon to rule over the night; he also made the stars.
1:16 神は二つの大きな光る物と星を造り、大きな方に昼を治めさせ、小さな方に夜を治めさせられた。

1:17 He placed the lights in the sky to shine on the earth,
1:17 神はそれらを天の大空に置いて、地を照らさせ、

1:18 to rule over the day and the night, and to separate light from darkness. And God was pleased with what he saw.
1:18 昼と夜を治めさせ、光と闇を分けさせられた。神はこれを見て、良しとされた。

1:19 Evening passed and morning came-that was the fourth day.
1:19 夕べがあり、朝があった。第四の日である。

1:20 Then God commanded, “Let the water be filled with many kinds of living beings, and let the air be filled with birds.”
1:20 神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」

1:21 So God created the great sea monsters, all kinds of creatures that live in the water, and all kinds of birds. And God was pleased with what he saw.
1:21 神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。

1:22 He blessed them all and told the creatures that live in the water to reproduce and to fill the sea, and he told the birds to increase in number.
1:22 神はそれらのものを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」

1:23 Evening passed and morning came-that was the fifth day.
1:23 夕べがあり、朝があった。第五の日である。

1:24 Then God commanded, “Let the earth produce all kinds of animal life: domestic and wild, large and small”-and it was done.
1:24 神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」そのようになった。

1:25 So God made them all, and he was pleased with what he saw.
1:25 神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。

1:26 Then God said, “And now we will make human beings; they will be like us and resemble us. They will have power over the fish, the birds, and all animals, domestic and wild, large and small.”
1:26 神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」

1:27 So God created human beings, making them to be like himself. He created them male and female,
1:27 神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。

1:28 blessed them, and said, “Have many children, so that your descendants will live all over the earth and bring it under their control. I am putting you in charge of the fish, the birds, and all the wild animals.
1:28 神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」

1:29 I have provided all kinds of grain and all kinds of fruit for you to eat;
1:29 神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたたちに与えよう。それがあなたたちの食べ物となる。

1:30 but for all the wild animals and for all the birds I have provided grass and leafy plants for food”-and it was done.
1:30 地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」そのようになった。

1:31 God looked at everything he had made, and he was very pleased. Evening passed and morning came-that was the sixth day.
1:31 神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。

[ 2 ]

2:1 And so the whole universe was completed.
2:1 天地万物は完成された。

2:2 By the seventh day God finished what he had been doing and stopped working.
2:2 第七の日に、神は御自分の仕事を完成され、第七の日に、神は御自分の仕事を離れ、安息なさった。

2:3 He blessed the seventh day and set it apart as a special day, because by that day he had completed his creation and stopped working.
2:3 この日に神はすべての創造の仕事を離れ、安息なさったので、第七の日を神は祝福し、聖別された。

2:4 And that is how the universe was created.
2:4 これが天地創造の由来である。主なる神が地と天を造られたとき、

2:5 there were no plants on the earth and no seeds had sprouted, because he had not sent any rain, and there was no one to cultivate the land;
2:5 地上にはまだ野の木も、野の草も生えていなかった。主なる神が地上に雨をお送りにならなかったからである。また土を耕す人もいなかった。

2:6 but water would come up from beneath the surface and water the ground.
2:6 しかし、水が地下から湧き出て、土の面をすべて潤した。

2:7 Then the Lord God took some soil from the ground and formed a man out of it; he breathed life-giving breath into his nostrils and the man began to live.
2:7 主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

2:8 Then the Lord God planted a garden in Eden, in the East, and there he put the man he had formed.
2:8 主なる神は、東の方のエデンに園を設け、自ら形づくった人をそこに置かれた。

2:9 He made all kinds of beautiful trees grow there and produce good fruit. In the middle of the garden stood the tree that gives life and the tree that gives knowledge of what is good and what is bad.
2:9 主なる神は、見るからに好ましく、食べるに良いものをもたらすあらゆる木を地に生えいでさせ、また園の中央には、命の木と善悪の知識の木を生えいでさせられた。

2:10 A stream flowed in Eden and watered the garden; beyond Eden it divided into four rivers.
2:10 エデンから一つの川が流れ出ていた。園を潤し、そこで分かれて、四つの川となっていた。

2:11 The first river is the Pishon; it flows around the country of Havilah.
2:11 第一の川の名はピションで、金を産出するハビラ地方全域を巡っていた。

2:12 (Pure gold is found there and also rare perfume and precious stones.)
2:12 その金は良質であり、そこではまた、琥珀の類やラピス・ラズリも産出した。

2:13 The second river is the Gihon; it flows around the country of Cush.
2:13 第二の川の名はギホンで、クシュ地方全域を巡っていた。

2:14 The third river is the Tigris, which flows east of Assyria, and the fourth river is the Euphrates.
2:14 第三の川の名はチグリスで、アシュルの東の方を流れており、第四の川はユーフラテスであった。

2:15 Then the Lord God placed the man in the Garden of Eden to cultivate it and guard it.
2:15 主なる神は人を連れて来て、エデンの園に住まわせ、人がそこを耕し、守るようにされた。

2:16 He told him, “You may eat the fruit of any tree in the garden,
2:16 主なる神は人に命じて言われた。「園のすべての木から取って食べなさい。

2:17 except the tree that gives knowledge of what is good and what is bad. You must not eat the fruit of that tree; if you do, you will die the same day.”
2:17 ただし、善悪の知識の木からは、決して食べてはならない。食べると必ず死んでしまう。」

2:18 Then the Lord God said, “It is not good for the man to live alone. I will make a suitable companion to help him.”
2:18 主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」

2:19 So he took some soil from the ground and formed all the animals and all the birds. Then he brought them to the man to see what he would name them; and that is how they all got their names.
2:19 主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。

2:20 So the man named all the birds and all the animals; but not one of them was a suitable companion to help him.
2:20 人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。

2:21 Then the Lord God made the man fall into a deep sleep, and while he was sleeping, he took out one of the man’s ribs and closed up the flesh.
2:21 主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。

2:22 He formed a woman out of the rib and brought her to him.
2:22 そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ連れて来られると、

2:23 Then the man said, /”At last, here is one of my own kind- /Bone taken from my bone, and flesh from my flesh. /”Woman’ is her name because she was taken out of man.”
2:23 人は言った。「ついに、これこそ/わたしの骨の骨/わたしの肉の肉。これをこそ、女(イシャー)と呼ぼう/まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」

2:24 That is why a man leaves his father and mother and is united with his wife, and they become one.
2:24 こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。

2:25 The man and the woman were both naked, but they were not embarrassed.
2:25 人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ちょっと面白い事を補足します。

1:2を見て欲しいのです。「地は混沌であって」とあり、「formless and desolate」となっております。

ここで、このままスラッと読み過ごすと、それまでですが、formlessは、その単語の儘、形の無い事を言っておりますが、desolateは、荒涼たる様、人の住めない様を言っております。どういう状態でと言うと、破壊されてと言う事です。

という事は、「地は形なく虚しく」そこに有ったのですが、それは破壊された様であったという事が考えられるのです。そして、The raging ocean すなわち荒れ狂う広大な広がり、大洋とも云う物が有って、神の霊が動きながらThe water 即ち「その水」の上を動いていたのです。

水は、そこに既にあった事を言っています。

破壊されて混沌となった地と、荒れ狂う水の大洋が闇の中にあったのです。

そして、神の霊がその上を動いていた。

これは、どう云う事でしょう。

そうです。そこには破壊された、前の宇宙があったのです。

それは、人類以前の神のパートナー?

いえ、サタンがいた、天使の宇宙と言われています。

その星の様子を、聖書では、地球の地の街に例えて書いてある箇所があります。

 

次に、章を俯瞰(ふかん)して見ます。

毎日の創造の技が終わる度に、夕べがあり、朝が有った。第〇日である。となっているのにお気づきになりましたか?

そう、次の日も夕べが有り、朝が有った。第〇日であるとなっているのです。

という事は、1日は、闇から始まり、闇に終わる。即ち、夕から始まり、夕で終わる。

よって本来、日没から日没までを1日と呼んでいたのです。

深夜0時で、次の日になるのでは無いのです。

 

また、それを考えて行きますと、神は、創造の技を6日で行われ、7日目を祝福して、聖別し、休みを取られたとあります。

7日目を聖なる日として、他の6日の労働の日とは分けられて、休日とされたわけですね。

そうすると、金曜日の日没から、土曜日の日没までの間を安息日と呼び、本来は休日とすべきと分かって来ます。

 

如何ですか?

おもしろいでしょう。

こういう聖書の読み方もあるのです。

聖書の1ページがものすごく膨らむのです。そして、どんどん他のページと関連づいて行くのです。

こういうのを挙げて行くときりがありません。

聖書って、本当は面白いんだという事を分かっていただければ、と思い、ちょっとした補足を付けて見ました。

英語の聖書と一緒に読んで行くという事は、こう言う事なのです。

本来、ユダヤの語(ヘブル語)の聖書と一緒が一番良いのですが(笑)

わざわざ、ここ迄来て頂いた方へのサービスでした。

この機会に是非お近くの教会に行って詳しくお話を聞いてみてください。喜んで個別面談も受け付けてくれるはずです。

有難うございました。

また、宜しくお願いいたします。

続きはこちらです👉『創世記を少し2』

Sincerely